タオ島ダイビングポイント紹介

どうも。あっきーです!

今回はタイのタオ島でダイビングをしてきたので潜ったポイントや、見れた魚の種類などを紹介していきたいと思います。

しばらく天気が悪い日が続いたようで、透明度が期待していたものではなかったのが少し残念でしたがそれはしょうがない!

水深・水温は僕のダイブコンピュータでの数値になります。

 

ポイント

Leam Thian(レムティアン)

平均水深:11m

最大水深:20.8m

水温:28.8°c

地形と言うほどではありませんが、ちょっとした岩の隙間をくぐったりできるポイントがありました。主に見れた魚はエンゼルフィッシュ、ワヌケヤッコと言う魚です。

 

Hin Wong Bay(ヒンウォンベイ)

平均水深:7m

最大水深:16.6m

水温:29℃

魚影が濃いポイントでした。特にテルミアジの群れが凄かったですね!

 

Lighthouse Bay  (ライトハウスベイ)

平均水深:11.6m

最大水深:14.8m

水温:28.8℃

主にハゼの観察と撮影をしてました。砂地地帯で深度も浅めなので、ダイブ時間も50分くらい潜って、ゆったりできました。見れた魚は、ユメウメイロ、ギンガハゼの黒と黄色、メタリックシュリンプコビー、ツキチョウチョウウオです。

White rock(ホワイトロック)

平均水深:11.8m

最大水深:18m

水温:28.8℃

所々にサンゴが生息していました。見れた魚は、メタリックシュリンプコビー、ゴマモンガラ、ジャワラビットフィッシュ、アヤメエビス、ササムロ、ハナビラクマノミです。

 

Satakut Wreck(沈船サタクット号)

平均水深:15.4m

最大水深:27.2m

水温:28.6℃

タイ海軍のサタクット号が沈められている沈船ポイントです。全長は50mもあるそうで、結構見ごたえがありました。見れた魚は、クロホシフエダイ、ゴマフエダイ、クロコショウダイ、モヨウフグ、ホシカイワリです。

 

Red Rock (レッドロック)

平均水深:9.6m

最大水深:17m

水温:28.8℃

岩や崖がありやや地形ポイントでした。見れた魚は、シマウミヘビ、アオマダラエイ、ツバメウオです。

 

最後に

タオ島いかがでしたか?

今回はやや天気とコンディションに恵まれなかったので透明度は約5mほどでしょうか。

良い時にぜひまた遊びに行きたいですね。

セイルロック潜りたい!!

ジンベエザメ見たい!!

3月~5月の春先はベストシーズンなので、ゴールデンウイークがある方は是非候補に入れてみては?

いつかこのブログでもタオ島のポイントを全て網羅した記事を書きたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です