スマホアプリDive+で写真の加工と記録が超便利だぞ!

どうも。あっきーです!

今回はスマホアプリで「Dive+」という使えそうなものを見つけたので紹介したいと思います。

色々な機能が複合したアプリで言語は英語・フランス語・中国語で日本語はないのですが色々便利な機能があるのでひとつづつ画像付きで載せているので画像を加工しているアプリを探している人はぜひ参考にしてみてください。

Dive+とは?

ダイブプラスとは、世界のダイバーが写真や動画を投稿できるダイビング版SNSのような感じだと考えればいいかと思います。

そのほかダイビングのログを記録できたりハウジングに入れてアプリを通してダイコンもどきにもできるアプリです

世界中のダイバーがアップした色々な動画や写真をみることができます。

 

Dive+ : World's Diving Community

Dive+ : World’s Diving Community
無料
posted withアプリーチ

アカウント登録と機能の使い方

アプリ内は基本英語で表記されていて少しとっつきにくい印象はありますが操作は直感的でシンプルです。

登録はFacebookのアカウントがあればすぐに終わります。

あとは自分の指導団体とランクと性別、ニックネームを変更したければ好きなものへ入力して終わりです。

ユーザーネームとメールアドレスとパスワードを設定。持っていればフェイスブックのマークをタップ

項目が埋まったらスタートダイビングをタップ

撮影した写真を加工する

水中で撮った写真や動画をこのモードで加工しましょう。

水中での「青かぶり」をタップ一回で補正してくれて本来の色へ加工してくれます。

左アンダーウォーターフォトを選択

試しに写真を1枚加工してみました。

これは水底から飛び出していたハゼちゃんを撮ったものですが、ライトを当てていなく、がっつり青かぶりちゃって色がいまいちわからないですよね。

下のレストアカラーをタップ

加工してみると・・・

セーブで保存できます

ハゼちゃんの色がくっきり写し出されました!

斑点の水色まで識別できますね。

いやー結構きれいじゃないですか!

撮った写真をアップする

加工した後はあわせて投稿していくといいと思います。

アプリのホーム画面から写真と動画が投稿できます。

+マークをタップ

Photoをタップ

アップした写真はすぐに3バブルつきましたよ!

あっ、ここではいいねの代わりに泡のマークでバブルと呼ぶみたいです(笑)

ログブックとして使う

Dive Logの項目からデータを記録できます。

それはログブックと同じかそれ以上の項目数があり、かなり細かく記録できます。

英語表記ですがログブックの書き方を習った人ならなんとなくわかると思います。

ダイコン+カメラとして使う

これは別途ハウジングが必要になるのでざっくり説明で済ませますが、スマホを水中に持っていくことで水深やダイビング時間をモニターできるようです。

WEEFINEのハウジングに限られているようですね。

最後に

Dive+アプリどうでしたか?

元は写真の加工アプリで調べていたら見つけたアプリだったんですが、SNSの要素もなかなか結構面白いですね。

Facebookのダイビングコミュニティの写真も見ますが、海外のダイバーの投稿など幅広くチェックできるので、

「海外の人は日本人とは違う感性で写真とるんかなぁ?」

なんて思ったりしていたので新鮮です。

アプリは無料なんで気になった方はぜひ入れてみてはどうですか?

それでは楽しいダイビングライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です