ハワイ開拓!ANAの新型エアバス機A380投入と戦略とは?

どうもあっきーです!

おそらくこのブログを読んでくれている方、または検索でたどり着いた方はダイバーであり、同時に旅が好きな人でもあると思います。

今回は以前から話題になっているANAのエアライン事情について紹介したいと思います。

2019年、ANAは新型航空機を導入しハワイへのシェア獲得へ乗り出しているのです。

これからハワイへの旅行を検討しているかたは選択肢のひとつに入ると思うので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

Airbus A380  FLYING HONU

エアバスA380フライングホヌは画像から見てもわかる通りデザインコンセプトは「カメ」でウミガメの親子がハワイでゆったり泳いでいる姿をイメージしているそうで、機体の正面には大きく顔が描かれていてかわいいですね。

この機体の名前の「ホヌ」とはハワイ語でカメのことでハワイやポリネシア文化圏ではカメは神聖な生き物とされているのでなんだか縁起がいいですよね。

初号機の「ANAブルー」と呼ばれるモデル、2号機が「エメラルドグリーン」、3号機が「サンセットオレンジ」と呼ばれています。

ANAブルー

エメラルドグリーン

サンセットオレンジ

全3機の展開で東京ーホノルル間は5月24日に就航し週3往復だったところ7月からは1日1便の運航、日・火・金が1日2便の週10往復に増えています。

全機が揃うのは2020年春以降とされ、その投資総額はなんと1500億円にもなります。

機体の大きさ

全長73m、高さは約24mでビルの8階建てに相当し、幅は80mで山手線4両分に相当するんだとか。

超大型機と呼ばれるだけあってエンジンはロールスロイス製のものを4基搭載し、日系航空会社では唯一の4発エンジン機となっています。

客室内の広さ

ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミーを含めて総520席、2階建てで構成されています。

1階はエコノミークラス383席、2階は先頭からファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席となっています。

ANA COUCHII

1階エコノミークラス後方6列60席用意されている「ANAカウチ」、これがこの機の目玉とも言える設備で、隣接する3列または4列のレッグレストを跳ね上げて使うことでシートがベッドのように使え完全に横になって寝ることができます。

一般的な大人2人でもちょうど良いくらいの幅で専用の寝具もあることで疲労軽減に

エコノミーの運賃に追加料金を払うことで利用できます。

カウチシート追加料金
3人席を2人で利用する場合 1万9000円

4人席を2人で利用する場合 5万2000円

※片道料金、季節によって料金の変動あり

13.3インチ液晶モニター

シート幅いっぱいに取り付けられているモニターはエコノミークラスで13.3インチ。

このサイズはマックブックとほぼ同じくらい、ノートパソコン並みの大きさです。

エコノミーでこの大きさはかなりすごいと思います。

 

ANAのハワイ攻略の一手

競合のJALに対抗すべく社運をかけたA380 ハワイを舞台にリゾート路線を開拓するも、そこはJALが半世紀近く開拓してきた地でもあり独壇場と言える状態です。

2018年ホノルル線のシェア率はJALが33%に対してANAが15%と半分以下となっていました。

ですがA380を3機投入することによって2020年にはシェア率がJAL29%・ANA25%と引き上げる予定で、そうなると両者ほぼ肩を並べる存在となります。

5月の初就航以来ANA就航記念ツアーとして、

  • マイルで取れる座席が大幅アップ
  • ホテル内で最大380ドル分のルームクレジット
  • ウミガメの赤ちゃんとの記念撮影ができるツアーを無料で組み込む
  • 世界一の朝食で有名なレストランBills(ビルズ)とコラボして機内食で提供
  • 現地価格40ドルするヨット遊覧を無料でツアーに組み込む

などさまざまな特典を展開して注目を集めました。

利用者からの評判は上々でまたANAを使いたいという声もあがっているようです。

 

最後に

色々なサービスで顧客を獲得したいANAは果たして打倒JALになりえるのか。

2014年に国際線の規模でJALを追い抜いたANAはJALの圧倒的なハワイでのシェアをどこまで開拓していけるか。

そしてこのサービスを維持していけるのか、いけないのか今後のサービスに要注目ですね!

それにしてもファーストクラスはすげーなぁ・・・

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です