2020年潜り納め!初の葉山ダイビングへ行ってきたぞ

どうもあっきーです!

さて2020年も残すところわずか。

今年は激動の1年でしたね。

こうして振り返ってブログを書いていられるのももはや当たり前ではなく奇跡なのかもしれません。

今回は神奈川県の葉山市まで遠征に行ってきたので、その時の状況や撮ってきた生物などを載せていきたいと思います!

 

マイカーで葉山市へ

朝3時。

埼玉県から神奈川県まで目指します。

距離としては約150キロ。

実はこの日の1週間前に車を買いまして納車ホヤホヤ状態なのです。

新車でのドライブも兼ねていてワクワク2倍です!

 

ダイビングショップNANAにお世話になりました!

なんだか車で走っていても海も見えてこないし、まるで住宅街を走っているようであまりダイビングに来たような感覚にならないなーなんて思っていると急に「目的地到着です」と。

ダイビングショップらしきものが見えなくナビを二度見しつつ、思い切って駐車場らしきスペースに突っ込んで見たら正解でした。

恐らく初見さんは一発では気づかないのでは?

写真手前が道路側で、ショップの建物はかなり奥まったところにあるので存在に気づきませんでした。隠れ家的な匂いがします。

電車の方はJR逗子駅から送迎してくれるそうなので、車じゃない方も安心ですね。

ダイビングショップNANA HP

お店に入ると水中写真家の鍵井さんも来てて取材のようでした。

「こんな有名な方もくるショップなんだ。すごいなー!」と思っていたら代表の佐藤輝さんと鍵井さんは震災の海を潜る際ガイドとしてサポートを頼むなどの信頼関係の付き合いがあるそうです。

ショップの中も天井が高くて所々綺麗な写真が飾られていて清潔感があってよかったです。

トイレも清潔でよかったです。

ほら、お店の良し悪しはトイレを見ればわかるっていうじゃないですか(笑)

 

裕次郎灯台沖でいざボートダイブ!

ショップから約5分ほど走ると港到着で、そこからボートで数分ほど走るとポイント到着です。近い!

今回潜ったポイントは「裕次郎」と呼ばれるポイントでした。

水深15mほどで根の周りをじっくりと回りつつ、一つの被写体にがっつり時間をかけて撮影していくといったダイビングでした。

これだけじっくり時間をとってもらえると一眼の練習にもってこいです。

いろんな角度から撮ってみたり、絞りを色々変えてみたり、シャッター速度を変えてみたり…

そんなこんなで撮れた写真をいくつか紹介しますね!

撮れた生物

基本的にマクロが豊富で、他にもニシキフウライウオも見れましたが、フラッシュが強すぎて白飛びしてしまいました。残念。

ランチ

ほとんどのショップも同じだと思いますが、スタイルとしては2本潜ってからランチになります。

ボートダイブは1本終わったらボートから降りてすぐの小スペースでくつろぐといった感じで、飲み物だけでも持っていくと良いかと思います。

で、お店に戻ったらご飯です!

朝出発前にメニューを聞かれるのでオーダーしておきます。

結構色々あって悩みましたが「しらす丼」にしました。

お店の中で手作りで器にもNANAのロゴが入った専用なのがすごいです。

味はもちろんうウマーベラス!!

 

最後に

葉山の海は伊豆などとはまた違った雰囲気がして新鮮でした。

裕次郎はナイトダイビングもできるようなのでまた違った生物が見れそうで楽しそうですね。

たまたまだったのか他のお客さんも皆一眼レフ持ちで終わった後に設定とか色々教えてもらってとてもいい時間過ごせました。

また機会を見てリピートしたいと思います。

それでは楽しいダイビングライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です